介護福祉士になるには

介護福祉士になるには

介護福祉士になりたいと思っている方へ!介護福祉士になるには何をどう手を付けて行けば良いのでしょうか?

介護福祉士になるには

当サイトでは、介護の仕事に就きたいと思っている方に最安・最短の方法で、介護の資格取得を目指していけるサポートができればと思っております!

 

 

そもそも介護福祉士とは?

介護福祉士とは

介護福祉士とは、国家資格の1つです。国家資格であり、所定の試験に合格する事で介護福祉士の資格取得ができます。介護現場において実践介護のスペシャリストとして、また要介護者やその家族がより良い生活を送ることができるよう助言する存在

 

介護業界では慢性的な人手不足が続いている事もあって、介護福祉士になるには必要な条件は、比較的にクリアしやすいものとなっています。要するに

  • 介護の学校等を卒業していない人
  • まったく介護経験がない人
  • 違う業種で働いてきた人

でもチャレンジできる資格・職業と言う事

 

現状でなんの資格を持ってない人は通信等で初任者研修を目指す

現状、何の資格も知識も有していないと言う人が介護福祉士になるには

 

まずは介護職員初任者研修の資格を取得するのが一番です

介護職員初任者研修は

介護福祉士の最初のステップ 介護職員初任者研修

旧のホームヘルパー2級に該当する資格で、広い介護現場で活躍することが期待されている資格。介護に関する基本的な知識と技術を学習します。カリキュラムは全130時間で、修了試験に合格することで取得できる資格

 

通信講座や研修などで学習する事ができ、学習する事に対しての資格は特に設けられてはいません。ですから興味がある人で、全カリキュラムを消化できると言う人であれば、誰しもが学習できると言うことです。

 

初任者研修 資格

初任者研修の資格を有した状態で、所定の年数と日数、施設などで介護経験を積むと、キャリアアップへの一歩が開かれるような仕組みとなっています。ですから介護の仕事をしていくなら最初に取っておくべき資格が初任者研修なのです。

 

介護職員初任者研修について知りたいならこちら→「初任者研修を費用を安く資格取得」

初任者研修は持ってるなら介護職員実務者研修を目指す

介護福祉士になるには、まず第一歩として初任者研修を取得する必要があります。

  • では既に初任者研修は持っている人
  • 施設などの介護現場で働き始めている人

は次にどうすれば良いのかと言うと

 

介護職員実務者研修と言う資格を取得する必要があります

実務者研修は

介護福祉士になるには 実務者研修

初任者研修より更に専門的な、そして幅広い介護、医療に対する知識や技術を学習する研修。喀痰吸引や経鼻経管栄養についても学習すると言う事からも、実務者研修の専門性の高さが理解できるかと思われます。

 

初任者研修を所持した状態で所定の年数と日数、働いたとしても、この実務者研修を修了していなければ、国家試験の介護福祉士の資格取得にチャレンジすることはできません。

実務者研修 資格

ゼロから介護福祉士を目指すと言う人は、必ずこの実務者研修を修了しておく必要があると言うことです。実務者研修も通信や通学制スクールの研修によって学習する事ができます。

 

介護職員実務者研修について知りたいならこちら→「実務者研修を費用を安く資格取得」

介護福祉士になるには〜3つの方法紹介〜

介護福祉士になるためには、主には3つの方法を挙げることができます。

介護福祉士になるには@福祉系高校に進学

 

介護福祉士になるには@福祉系高校

福祉系高校に進学し、卒業すると言う方法。高校でも大学のように専門科を設けている学校は多く、1つである福祉科などがある高校に進学すると言う方法。この場合、高校でのカリキュラムによって違いがあり、進化カリキュラムが採用されている高校では実務経験は必要ありません。

 

しかし特例高校等の場合には

卒業後に9ヶ月以上の実務経験を積む必要があります。選択する高校によっては、若くしてこの試験を受けて資格を取得する事も可能なので、人生におけるキャリアアップにめどが立ちやすいと言うメリットがあります。

 

介護福祉士になるにはA養成施設を卒業する

 

介護福祉士になるにはA養成施設を卒業

養成施設を卒業すると言う方法もあります

 

養成施設とは

福祉系の大学や福祉系の専門学校の事。これまでは、このような養成施設を卒業した人は、自動的に介護福祉士の資格を取得できるような流れでした。しかし介護福祉士の質の安定を図るために、現在ではこのような養成施設を卒業した後、

  1. 国家試験を受験する
  2. 試験は受験せず、卒業後5年と言う期限付きで介護福祉士の登録

と言うルートに分類されています。

 

後者の場合は、その後の5年間、継続して実務経験を重ねる、または筆記試験を受け合格する事で、正式に介護福祉士としての登録を行う事ができる流れになっています。

ですから自分のライフプランや仕事への適正に合わせて、資格取得を判断できると言うメリットがあります

 

介護福祉士になるにはB実務者研修+実務経験3年以上

 

実務者研修+実務経験3年以上

最後は実務者研修を取り、その上で3年以上かつ540日以上の実務経験を積むと言う方法。
(※ちなみにこの年数と日数に勤務時間数は関係ありません。ですから訪問介護で1日1時間勤務の人でも、施設介護で1日8時間勤務の人でも、時間数による扱いの差は発生しません。)

 

介護業界は慢性的な人手不足が続いてる

少しでも人手を確保し、質の高い介護サービス提供者を育成する為に誕生したのがルートです。最大の特徴は、養成校を卒業していない人、今まで介護とは無縁であった人でも、介護福祉士になることができる、それを目標とする事ができると言う点にあります。

 

ちなみに実務者研修の前に介護職員初任者研修と言う資格を取得しておくと、実務者研修のカリキュラム時間が免除されます。

なんの資格も持っていないなら初任者研修から取得しておくのが望ましいです

 

>>>初任者研修を安く取得できる方法を確認


実務者研修を持っている人の介護福祉士の勉強方法

働きながらだと介護福祉士になるためには実務者研修を終わらせておく必要があります。実務者研修では実践的な介護の知識を学びます。

勉強方法@独学での勉強

勉強方法@独学

独学で介護福祉士を目指すことも可能。実務者研修を通して、役に立つ知識を身に付けているので独学は比較的容易です。

 

介護福祉士の過去問をするのが一番良い勉強方法

 

介護福祉士の筆記試験には11科目の問題が出題されます。介護に関する知識を問う問題が多いのですが、時事問題も出されます。過去問を繰り返し解いて、時事的なことも勉強しておきましょう。

 

新聞の社会面

時事的なことは新聞の社会面を見るようにすれば、身に付けられやすいです。介護に関係のある記事があったら、それを切り抜いてノートに貼り、自分の言葉でまとめましょう。

勉強方法A通学制スクールに通う

勉強方法A通学制スクール

通学制スクールに通って介護福祉士を目指す方法もあります。スクールに通う一番のメリットは、自分の分からない所をなくせる事です。介護福祉士の試験問題には難しい内容を持つものがあります。

 

例えば心理学関係の問題は難しい

 

スクールの講師

そのような問題の解説をスクールの講師にしてもらえば、頭の中に入りやすくなって、本番の試験で良い点数を取れます。スクールは自分の家で勉強できない人に特にお勧めです。集中力が途切れがちで、だらだらと勉強してしまう人は、通学制スクールに行きましょう。

 

仕事をしながら行く場合は、無理をしないことが大切です

仕事帰りに勉強をするのは楽ではありません。集中してスクールの授業を受けると負担が大きくなるので、4ヶ月〜6ヶ月程度の長い期間通うのがお勧め。

 

勉強方法B通信講座 ※推奨

勉強方法B通信講座

介護福祉士になるには、試験を受ける為の通信講座もあります。通信講座が勉強方法としては一番お勧めです。

 

通信講座は

 

独学と通学制スクールのそれぞれのメリットを享受できます。家で課題を終わらせるのは独学に近いのですが、スクーリングもあるので、講師から直接指導を受ける事もできます。また他の受講者から刺激を受けて、発奮材料にすることができます。

 

通信なので自分の都合の良い時間に勉強できる

 

通信講座のメリット

スクールだったら、決められた時間に学校に行かなければなりませんが、通信は自分の空き時間を使えます。スクールよりも費用が安いというメリットもあります。

 

通学・通信選びの最初の一歩

期間を最短で資格取得なら→スクール通学

 

費用を安くしたいなら→通信講座

 

自分の予算・ライフスタイルに合わせ介護福祉士になる勉強法を選ぶと良いかと^^その時に便利なサイトがあってブラッシュUP学びという介護福祉士の自分の通える通学・通信講座を一括で資料請求できますよ!

 

介護福祉士 資料請求

 

資料請求なのでネットから無料で資料を取り寄せることができます。自分に合う講座を比較して決めたほうが良いと思いますので、無料なので資料請求してみると実感が沸いて良いかと思いますよ!

 

無料の一括資料請求なら

介護福祉士 通信比較

介護福祉士 通信講座で勉強した口コミ

 

介護福祉士を通信講座で勉強
評価:評価:4

 

介護福祉士 通信講座の口コミ1

 

介護職についていて、実務者研修まで持っていたので、介護の道を極めようと介護福祉士の通信講座に思いきって申し込みました。日中は施設で働いているため、夜間など空いた時間を上手に活用して学べる通信講座は、非常に便利なシステムだと感じました。

 

通信講座で勉強することによって、集中力が増して短時間で効率的に知識を吸収できるようになりました。

 

わからない点について講師の先生に気軽に質問でき、自分のライフスタイルに合わせて自由に介護の勉強ができる点にも満足しています。本当にこの通信講座を選んで正解でした

(26歳 さとみゆさん 東京都)

 

通信講座で無事に介護福祉士の資格取得
評価:評価:5

 

介護福祉士 通信講座の口コミ2

 

長年介護業界で働いていましたがキャリアアップのために介護福祉士の資格を取得することに。初めは教材を購入して独学で勉強しようと考えていたのですが、仕事の忙しさを理由に後回しにしてしまったり、どの範囲から始めれば効果的であるのかなど独学では限界を感じたため口コミの良かった通信講座で勉強を開始

 

通信講座ではDVD学習やWEB学習でポイントを絞って学習できる他スピーディーに添削も可能であったためとても効率的に学習する事ができました。また費用も4万円程度と通学するよりもかなり安く済むということも通信講座に決めた理由でした。介護福祉士になるにはと思って勉強し始めましたが、無事に一発合格することができて良かったです

(29歳 イエローラビットさん 長崎県)

 

通信講座で本気で勉強しました!
評価:評価:4.5

 

介護福祉士 通信講座の口コミ3

 

転職して介護業界にけっこう前に入ったのですが、介護福祉士を持っていないとお給料も低いので通信講座を使って本気で勉強しようと決意。通学制だと費用が私には高かったのと、時間的にも難しいなと思い家でできる通信を選択

 

コツコツと隙間時間を作り勉強していきました。約半年くらいかかりましたが、試験の結果は無事に介護福祉士の資格を取得しました!自分でも本気でやればできるんだなって思いました^^

(33歳 渡辺さん 石川県)

介護福祉士のQ&A

介護福祉士の仕事の内容は?

介護福祉士の仕事には3つの柱があります。
@身体的な介護
A生活のサポート
B心理的なケア
身体的な介護はこの仕事の中心で食事や入浴、着替えの補助を必要に応じて行います。手や足が不自由な方だったら、ベッドから起き上がるときに介添えをします。生活のサポートは、炊事や洗濯、掃除など。このタイプのサポートは訪問介護の時に必要になります。

 

訪問介護の際は、介護が必要な人だけではなく、その家族と協力することも求められます。心理的なケアは、心身が不自由な方の心のケアを行います。具体的には話に耳を傾けたり、不安を取り除くアドバイスをしたりもします。

働く場所にはどんな所があるの?

介護福祉士が働く場所は多いです。老人ホームで働く事が特に多くて、そこでは身体的な介護の仕事が中心になります。

 

老人ホーム以外にお年寄りが生活している場所で、仕事をすることもあります。特別養護老人ホームやグループホームなど。仕事の内容は、身体的な介護が多いですが、心理面のケア必要になることがあります。

 

認知症で不安が強い人や、妄想がある人の対応をすることもあります。グループホームのように認知症だけの人が入っている施設では、認知症のケアが中心になります。入院施設のある精神病院で働くこともあります。この仕事の場合は、身体的な介護よりも心理的なケアが主になります。訪問介護のステーションで働くこともあります。

働きながら介護福祉士になるには?

当サイトでも推奨しているように、通学制スクールか通信講座が良いと思います。それぞれライフスタイルがあるので、自分に一番合う形のスタイルで無理のないような講座が理想的です。

 

ブラッシュUP学びでは一括で資料請求ができるので、自分に合う講座を見つける事ができるかと思いますので使ってみると良いかと思いますよ

 

無料の一括資料請求なら

介護福祉士 通信比較

 

 

<PR>初任者研修 三幸福祉カレッジ