介護福祉士 ステップアップ

介護福祉士からケアマネージャーになるには

介護の仕事はステップアップできます

 

ケアマネージャーを目指す

介護福祉士になる事ができて、この仕事の経験を積んだら、ケアマネージャーを目指しましょう。この仕事は介護福祉士のステップアップに適しています。介護福祉士の仕事の経験が5年間あれば、ケアマネの受験資格を得ることができます。ここでいう経験とは実際の仕事をする実務経験の事

 

試験は介護福祉士の試験より難しいので

 

ケアマネを受ける前はしっかりとして準備をしておかなければなりません。ステップアップを目指すなら、介護福祉士を仕事をしながら、勉強を始めた方が良いです。

ケアマネージャーの試験は介護系の試験の中では難しく、合格率は20%を切ることがあります。合格するには介護についての深い知識が必要

ケアマネージャーのメリット@就職口が増える

 

就職口が増えるのは、ケアマネージャーの大きなメリット。ケアマネは介護を受ける人のケアープランを作成します。介護を受ける人の数は全国的に多くて、介護施設の数も少なくありません。この資格を取ることができたら、色々な介護施設で働けるようになります。

 

代表的な例は有料老人ホーム

 

就職口に病院

それ以外にも就職口はあります。病院で働くこともできます。最近の病院は介護事業に力を入れており、介護施設を併設しているところが多くあります。そのような病院に就職することができます。

 

訪問介護ステーションでも働くことができます。これは自宅で療養している人に介護サービスを提供する施設ですが、最近全国的に増えています。ここでも介護プランの作成を行います。

 

ケアマネージャーのメリットA収入が増える

 

収入が増える

ケアマネージャーになったら、収入が増えるメリットがあります。介護関連の仕事は収入が低いことが多いですが、この仕事は例外です。

 

地域や施設によって変わりますが

 

平均的な基本給は介護福祉士より高いです。

 

ケアマネの仕事は、残業や夜勤はほとんどありません。たまに残業はありますが、夜勤はまったくありません。身体補助などの介護の仕事をしないので、夜勤は免除されるのです。

大変な仕事をしないで済む割には、給料が高いので、ステップアップの目標には一番適しています

 

>>>ケアマネの講座一括資料請求なら

 

介護福祉士の仕事内容は主に3つ

身体介護

身体介護

身体介護は介護福祉士の仕事内容の中心になるものです。身体が不自由な人の介護を行います。例えば、お年寄りが食事や排泄をする時に、スムーズにそれができるようにサポートしていきます。入浴をサポートすることもあります。歳をとって体が不自由になると、一人で入浴できません。

 

そんな場合はお年寄りの体を介護福祉士が支えて、入浴ができるようにします。寝たきりでベットで過ごしている人もいます。そんな人がトイレに行く時に身体的な支えになるのも、仕事の一つ。体に直接触れる仕事なので、仕事をする前にコツを十分に学んでおく必要があります。

 

また介護福祉士の資格を取る試験には筆記だけではなく、介護の実技もあります。身体介護はこの仕事の中で一番大切なものです。

 

生活のサポート・メンタルケア

生活のサポート・メンタルケア

生活のサポートやメンタルケアも介護福祉士の仕事内容の一つです。生活のサポートにはいろいろな種類があります。炊事や洗濯、掃除などが主な仕事ですが、食事のとり方について詳しいアドバイスをすることがあります。生活のサポートは、主に訪問介護の仕事をする時に必要になります。

 

介護をしている家族がいたら、その家族の援助もします。効果的な介護の仕方を教えたり、介護をする上での悩みを解消できるように努力します。メンタルケアは介護を受ける人とその家族の両方を対象にしています。介護の悩みや不安を聞いて、解決方法を共に考えていきます。認知症のあるお年寄りの場合は心の状態が不安定になることがあるので、そんな時に精神的な支えになります。

 

相談や指導、助言・チームマネージメント

相談や指導、助言

相談や指導、助言・チームマネージメントも仕事内容の一つです。相談は介護を受ける人とその家族の両方を対象にしています。例えば、家で介護をしている家族に適切な助言をします。認知症や病気が進んで、家で世話をすることが難しくなる場合があります。そんな時は、本人や家族と話し合って、良い解決法を探っていきます。

 

認知症の介護は負担が大きいので、それを和らげる助言をすることも多いです。徘徊が多くて困っているときに、それをやめさせる方法をいくつか伝えます。チームマネージメントは施設で働くときに必要です。老人ホームなどの施設では多くの介護福祉士が働いているので、協力の仕方を話し合って、効果的に仕事ができるようにします。

 

 

 

>>介護福祉士になるには TOP